院内のご案内 神奈川県 大船・鎌倉の眼科 - 福田眼科

HOME > 院内のご案内

院内のご案内 

受付

初めてご来院の皆さまにも安心いただける、分かりやすい、親切な対応をさせていただいております。

待合室

ゆったりとくつろげるスペースをご用意しています。 リラックスしてお待ちいただける雰囲気の待合室です。

検査室

安心して検査が受けられるようみなさまの立場に立った、様々な機器が当院の特徴です。

設備紹介 

オートレフケラトメーター
(自動屈折曲率半径測定装置)

角膜の屈折(遠視・近視・乱視等)及び曲率半径(カーブ)を自動的に計測するすることができます。

ノンコンタクトトノメーター
(非接触式自動眼圧測定装置)

眼球に触れずに、眼圧を測定することができます。

スリットランプ(細隙燈顕微鏡)

診察室で、眼球の細部を詳細に診察することができます。

オートレンズメーター

自動的に、眼鏡の度数を測定することができます。

ハンフリー視野計(静的量的視野計)

緑内障視野欠損を、初期から末期まで正確に自動的に測定することができます。動かない指標をみていただき、指標の大きさやサイズを変化させて測定します。
コンピューターが自動的に測定します。

ゴールドマン視野計(動的量的視野計)

緑内障や、脳外科的疾患に伴う視野欠損を測定できます。指標を大きさやサイズだけでなく位置を検査員が動かしてどの範囲がみえているか測定します。
視能訓練士が操作し測定します。

OCT(網膜光干渉断層撮影装置)

カメラのフイルムに当たる、網膜や視神経の断層像を撮影でき、加齢黄斑変性症・緑内障・網膜前膜・黄斑円孔などを精密に診断することができます。

角膜内皮細胞測定装置

コンタクトレンズの長期装用などに伴う、角膜の透明性を保つ内皮細胞数の減少を測定することができます。

レーザー光凝固装置

網膜に穴が空いたとき、網膜レーザー光凝固術を行うと、網膜剥離に進行する確率を低下させることが出来ます。糖尿病網膜症の進行を抑える時にも使用します。